So-net無料ブログ作成
保護活動 ブログトップ

里親探しは難しい [保護活動]

いちごの紹介の折に、その姉妹は里親さんに貰われていったと記載しましたが、その時のことを書きたいと思います。
里親募集の時は『ノラクロ2号』という仮名で募集をかけていましたが、呼び難いので、うちでは『ニコたん』と呼んでいました。(以降、ニコたんと記述します)

里親募集は、自サイトからの告知や里親探しサイトへの登録、行きつけの獣医さんでの張り紙等で募集しました。張り紙の募集には反応がありませんでしたが、サイトからの応募が何件かありました。
里親サイトの注意事項には、「虐待する為に猫を引き取ろうとする人がいるので気を付けること」というものもあって耳を疑いたくなりましたが、そういったことを避ける為の方法等も記載されてしました。

例を挙げると

・応募された方の自宅へ赴き、実際の環境を確認すること
・半年以上、写真付きのメールを定期的に送って貰うこと
・飼育出来ない状況になったら、返してもらうこと

等です。

これらのことを踏まえ、応募された方の中から一人を選び、自宅まで譲渡に赴きました。
お家はマンションの中層階辺りで、1匹で外へ出てしまうと帰って来れない可能性もあることから、完全室内外を条件として

・簡易でもいいので、ドアに柵を付けること
・それが難しいのならば、ドアを開け放たないこと

を譲渡条件に加えました。

お願いしたところ、応募されたご本人は聞き届けてくれましたが、お母様が「そんなことしなくても大丈夫だと思うけど…」と反論されたので、「ドアが開いていたら、必ず出て行ってしまうので、これだけは約束して欲しい」と何度も念を押しました。お母様も了承されたので、その日、ニコたんを置いて帰りました。

その後、里親さんからは、月に1回、写真付きのメールが届きました。
コーギーちゃんがいて、2匹で仲良くしている姿や、抱っこされている姿等が送られてきて、幸せそうで安心しました。約束の半年が過ぎてもメールを送ってきてくれるので、このお家に里子に出して本当に良かったと思っていました。
しかし、ある時、予期せぬ知らせが届いたのです。
夏の暑い日、ドアを開け放っていたらニコたんが外へ出て行ってしまい、そのまま行方不明になってしまったというのです。
あれ程念を押したのに、結局は対策を取っては貰えませんでした。
半年後、ニコたんが見つかったという連絡が入りました。
心底ほっとしましたが、それもつかの間、今度はニコたんが白血病にかかっているという連絡が来ました。それから暫くして、息を引き取ったという知らせが入りました。享年2歳。ニコたんは、短い生涯を終えました。
おそらく、外で暮らしていた半年の間に感染したものと思われます。

非常に残念な結果になりましたが、とても可愛がって下さっていたのは確かです。なので私は、里親に選んだことを間違いだとは思わないが、また猫を飼う機会があったら、次は気を付けてあげて欲しいという旨を伝えました。
それに対しての返事が「短かったですが、ニコたんと暮らした時間は幸せでした。その幸せを否定しないで下さい」でした。
その言葉を聞いた時、里親探しって本当に難しいな…と思いました。

あの時、自分で飼うという選択肢に至っていたら…とも思いますし、短くてもニコたんが幸せだったのも確かだと思うのです。
里親探しって、本当に難しい…。
nice!(9)  コメント(0) 
共通テーマ:ペット
保護活動 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。